私の琴線に触れた日々のつぶやきです。
(キンセンと読まずにコトセンと読む私・・・)

一定期間更新がないため広告を表示しています


本当はね、土曜日に書いてたの・・・書いてたのにUP出来ませんでした(-_-;)
最近は打ち込みしてもUP出来ないとか、ログイン出来ないとか相性が悪いッス。

それは置いておいて、ず〜っとず〜っと待っていた「さくらん」を観てきました(^o^)丿
蜷川実花さんが初監督すると聞いた時から楽しみにしてたの〜♪
彼女の写真が好きで、あの世界観が映画になるとどうなるか興味津々でした。
それで今回は珍しく(笑)予習として漫画さくらんをちゃんと読んで行きました〜。
漫画さくらんは面白い!安野モヨコさんの作品は実は全く読んだ事なかったんだけど、彼女の絵は現代っぽいから時代物ってどうかな〜って心配してたのが嘘のようにハマって読んでました(^^)

期待を大きく膨らまして観た映画さくらんは、ものすご〜い色彩で怪しい吉原の世界を独特な世界観で描いてありました。
もう衣装・美術は圧倒されます。現代的でもあり、江戸的でもありでゴッチャ混ぜなんだけど、うま〜く混ざり合ってるの(^^)この混ざり具合には賛否両論あるんじゃないかな?
私はものすご〜く大好き♪花魁の帯がゼブラ柄なのには参った(笑)
そして、出演者の豪華な事!花魁役の土屋アンナさん、菅野美穂さん、木村佳乃さんは艶やかだし、安藤政信君の清次は色っぽ〜い♪←今更ながらハマりました(^^ゞ
チョイ役も色々面白い人出てたし〜(後でパンフ読んで驚いたのは原作者の安野モヨコさんの旦那様である庵野監督まで出てたのね〜^^;)

で、ちょっと勿体無いな〜と思うのがストーリー展開かな。
主役のきよ葉が恋に落ちるところとか、最後の足抜けに至るまでの清次への気持ちの変化とかもう少し出てればいいのにな〜と思うのよね。
どれも唐突すぎて、あれっ?ってカンジ。あと高尾が強行に走る所とかね。
2時間枠じゃあしょうがないのかもしれないけど。


comment...



profile link
 admin
category
comment
Material:shape Template: Favorite
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.